Category : 防犯

鍵穴を二つ付けるメリットとデメリットって?

空き巣が玄関のドアから侵入する場合には、ピッキングやサムターン回し・カム送りなどが挙げられますが、そうした空き巣対策には二重ロックが有効とされています。この二重ロックとは、主錠のほかに補助鍵を取り付けるという防犯対策のことですが、鍵穴を二つ付けるメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

まずは二重ロックのメリットといえば、鍵が一つのドアに二箇所も付いていれば、空き巣がピッキングなど鍵穴に特殊工具を差し込んで不正解錠を行う場合においても二倍の時間や労力を要することにもなります。それだけ侵入するのに時間が掛かるということにもなるので、空き巣の立場に立った場合その家に侵入することを断念して、もっと侵入しやすい家を探した方が賢明と考えるようになるでしょうね。

そうした二重ロックのメリットについては、玄関のドアだけではありません。リビングやお風呂・トイレの窓ガラスについても同様のことがいえるでしょうね。とくに、窓ガラスに取り付けてあるクレセント錠の場合、その手前にあるガラスを切ったり割ることで簡単に解錠することが可能となります。しかも専用のガラス切りを用いると、缶ジュースのプルトップを開ける程度の音しかしないといわれています。そんな小さな音しかしないようであれば、人に犯行現場を見られるのを人一倍警戒するような空き巣にとっては、これほど好都合なことはないでしょうね。従って、窓ガラスを二重ロックにすることも玄関ドアの二重ロックと平行して行うべき防犯対策といえるでしょうね。

次に二重ロックのデメリットについてですが、鍵を二箇所に取り付けたのはよいものの、どこかに出かける際にはその度に鍵を二箇所ロックしないといけなくなります。そうしたことが面倒臭いということにもなってしまい、その内に三日坊主で終わってしまう可能性があります。確かに、何日も家を空けるという以外は面倒かもしれませんね。

カテゴリー